バストアップ

バストアップに効果的なエクササイズやヨガのポーズは?

投稿日:

多くの女性は、肩凝りや体の冷えを日常的に感じていますが、それらの悩みは血行の悪さと深く関連しています。全身の血行が悪い状態では、美容のために様々な努力をしていたとしても、それらの行動の効果が出にくいのだということ。

バストアップを目指してサプリメントなどを試す場合にも、血流が良く冷えない体づくりを心がけることで、より良い効果が期待できるわけなのですね。

それでは、流れの良い体づくりに役立つ簡単なエクササイズを、ぜひ覚えていきましょう。

バストアップに良いエクササイズ

肩甲骨のまわりを適切に動かすことで、胸がよく開いて良い姿勢を維持しやすくなります。

姿勢が悪いと体のゆがみが体型の崩れや皮膚のたるみなどを招きますから、肩甲骨のスムーズな動きを促す運動によって、フェイスラインがすっきりとする効果やバストアップのために嬉しい効き目も実感することができるのですね。

日々の疲れやストレスで硬くなりがちな上半身の筋肉を緩め、背中もほぐれてくると血行が良くなり体が温まってきます。冷えが改善されると肌のくすみも明るく変わりますよ。

それでは、バストから首筋、お顔の肌つやまでキレイ度アップが期待できる、肩甲骨まわりのエクササイズをご一緒に見ていきましょう。

肩を上下するエクササイズ

まずは、とてもシンプルで習慣化しやすい、おすすめの運動から始めます。

床か椅子に座った状態で、背筋を気持ち良く伸ばしましょう。

吸う息と一緒に両肩を持ち上げ、できるだけ耳に近づけます。

両肩を耳たぶへ最大限近づけたところで、口から息を大きく吐き出しながら脱力し、両肩を下ろします。

※肩の力は抜きますが、背筋はよく伸びた状態をキープすることがポイントです。最初は3回から、慣れてきたら気持ち良く行える範囲で回数を増やしましょう。

いったん意識的に緊張させた筋肉を思い切り脱力させることで深いリラックス感を促します。筋肉のコリがほぐれ血行が良くなって体が温まるため、バストアップのために良いホルモンの働きも活性化。

 日々の合間の隙間ストレッチ

肩甲骨を積極的に動かすことによって背骨も動き、股関節の運動にも連動していきますから、骨盤にも働きかけることができます。

何かの待ち時間などで立っているときに、軽く肩回しの運動をしてみたり、移動で歩いているときには腕を大きく振るようにして肩甲骨まわりの動きに意識を向けるなど、少しの努力で出来る行動を取り入れていきましょう。

気持ち良く胸を開くだけの簡単ストレッチも、バストアップに良い効果があります。

肩甲骨の間には深層筋があるため、簡単な肩甲骨まわりのエクササイズでも多くの筋肉や骨へと良い刺激が伝わりやすいのです。

大切なのは、習慣にして続けること。体を動かすことに慣れてくると、心地良さが体に記憶されますから、動かないことが気持ち悪いと感じるようになります。

「気持ち良いから、体を動かそう」と感じる状態が当たり前になると、綺麗をキープする運動の継続にモチベーションは不要になるのですね。

立った姿勢で前屈するエクササイズ

前屈をすると背骨が重力から解放されるかたちになります。

無理な力をかける必要はありませんので、背骨の骨が一つ一つ、少しずつ伸びて行くつもりで行いましょう。

呼吸が楽にできるように感じられると、血流が改善され気分も解放されるため、ストレス解消効果も大きい運動です。

前屈した状態で、息を吐いて・吸っての呼吸を5回ほど繰り返し、ゆっくりと起き上がります。

※頭を持ち上げるときは、焦らずゆっくり動いてください。

お風呂で肩を回すエクササイズ

お風呂の湯に入っているとき、まず片方の肩を下げて、湯のなかに完全に沈めるようにします。

湯のなかに沈めた片方の肩を、肘を曲げた状態で前の方向にぐるぐると回しましょう。後ろの方向にも、5回ぐるぐる。

次に、反対側の肩を下げて湯の中に完全に沈め、同様に前と後ろの方向へ5回ずつ肩回しの運動をします。

お風呂の湯で温めながら、重力の抵抗が軽い状態で気持ち良くエクササイズすることで、リラックス効果と運動効果が期待できます。

バストアップのために効果的なヨガのポーズ

それでは、バストアップに良い効果が期待されるヨガのポーズについて見てまいりましょう。

椅子を使った上向きの板のポーズ

肩甲骨が引き寄せられ、しっかりと胸が開くポーズです。前かがみになりがちな姿勢が改善され、疲労回復にも効果的です。

※力んで呼吸が止まらないようにして行いましょう。首の力を抜き、気持ちよく反らしていきますが、首周辺に痛みを感じる場合は反らす動作は行わないでください。

(画像の出典: https://youtu.be/g0yfBlsAZRk

立ち木のポーズ

垂れ下がることなく上向きのバストをサポートする効き目のあるポーズです。

まず、両足を腰の幅くらいに開いて立ちます。

軸にする足に体重を乗せ、反対側の足の裏を軸足の太もも内側へ押し付けるようにします。(痛くない範囲で行ってください。)

息を吸いながら両手を持ち上げ、頭の上へ。頭上で合掌しても良いですが、やりにくい場合は両手を「ばんざい」するように持ち上げるだけでもOKです。

ポーズをキープしましょう。(30秒くらい~慣れてきたら1分ほど)

ポーズの間は、ゆっくりと深い呼吸を続けます。反対側の足を軸にして、同様に行いましょう。

この立ち木のポーズは骨盤のバランスも改善するため、日常的に練習することでバストに加え、体全体のラインが整っていく効果が期待できます。

ヨガの先生に教わったリラックス法

女性らしい魅力あふれる胸を手に入れるためには、内面の状態も関係があります。

ストレスが大きい毎日で、ストレスに立ち向かうため心が戦闘モードの状態では男性的なムードが優勢に。

一方、リラックスした優しい気持ちで自分にも周囲の人々にも思いやりを持った接し方をしていると「愛情ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンが活性化され、女性ホルモンの働きで魅力的なバストがつくられる効果も期待できるということ。

そこで、おすすめの方法は、毎日の合間に心から好きだと感じる対象を抱きしめるイメージを持ってみることです。

拒絶したり否定したりする気持ちが全然ない状態で、大好きな対象を抱きしめているときは心がオープンになって、ふだん忙しく動いている頭が休まります。深いリラックス状態につながり、女性らしい魅力もアップするでしょう。

バストアップに効果的なエクササイズやヨガ・おわりに

バストアップのために良い効き目が期待できるエクササイズやヨガのポーズについてチェックしてまいりました。

特に肩甲骨まわりを適切に動かすことで、胸がよく開き正しい姿勢が身に付きます。

ふだんから良い姿勢で過ごしていると、呼吸も深くなり内臓の働きや代謝も活性化されますから、バストアップのために嬉しい効果に加えて、太りにくい体質や綺麗なお肌もキープしやすくなるのですね。

背筋がスっと伸び、バストは上向き。気になる背中のお肉や、たるみがちなフェイスラインもスッキリと引き締まってくると、気分までポジティブでいられそうです。見た目も内側から発せられる魅力もアップすることでしょう。

体を動かすことで得られる爽快感はストレス解消にもつながり、気分がリラックスすることも女性ホルモンの活性化に有益な効果をもたらします。

さて、肩甲骨を動かす運動を試してみたとき、もし「動きにくい」と感じた場合は、筋肉に疲れや緊張が溜まっているサインです。そのまま放置しては、体の冷えや疲れやすさ、肌のくすみなど、嫌な悩みが深刻化する可能性がありますから、今回ご紹介したエクササイズやヨガのポーズなどを、ぜひ続けてみてくださいね。

-バストアップ

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.