ダイエット

リセットダイエット?結果を体感しやすい痩せ方と危険なNG例

投稿日:

一週間集中して食事を管理することで痩せるとともに、それまでの食事や生活パターンなどを見直して、体も考え方もリセットする「リセットダイエット」といわれるダイエット方法があります。

また、テレビでも話題になった「体幹リセットダイエット」は、意識しなければ使われることが少ない部分の筋肉を効果的に動かすことで代謝アップを狙うダイエット方法です。

現状の体をリセットしたい!と思ったときに結果を体感しやすい痩せ方と、知らずにやってしまったら危険な場合もある注意点について確認してまいりましょう。

一週間リセットダイエットとは

リセットダイエットの方法

長い目で見た太らないための生活習慣の話題では、脂質なども含めたバランス良い栄養摂取がすすめられますが、一週間のリセットダイエットは期間限定で特定の食品をカットする食事管理を行います。脂質、炭水化物、糖分を制限し、肉や魚のなかでも脂肪分の多いものは避け、野菜も糖質の高いものは不可ということ。

主なルールは以下の通りです。

-脂質が少ない魚の干物や赤身の肉を主菜にする
-糖質の低い野菜や、きのこ、海藻類を食べる
-米飯などの炭水化物は抜く

調味料も、マヨネーズやケチャップはダメで、ドレッシングもノンオイル以外はNG。野菜は、たくさん食べてOKといわれますが、推奨される取り組み方としては小皿に何度もおかわりするのではなく、主菜と野菜類を大皿に盛りつけた様子を一度しっかり見て食べ終わること。

食べる前に視覚的にも食に対して高い意識を持つように習慣化すると、リセットダイエットの期間を終えた後もドカ食いの予防になります。

リセットダイエットのタイミング

リセットダイエットに取り組むタイミングとして、女性は生理の周期を考慮することも重要です。一週間のダイエット期間を生理前に設定してしまうと、その時期の女性の体は水分などを溜め込もうとするコンディションですから、厳しいダイエットを頑張っても痩せる効果が見えにくいのです。

リセットダイエットで食事の管理を始めるなら、その月の生理が終わった後のタイミングが適しています。

リセットダイエットに関するNG例

厳しい食事管理でカロリーと油、糖分も制限するリセットダイエットは、ルールを守って一週間続ければ「痩せないわけはない」といわれ、結果を体感しやすいダイエット方法です。

ただし、即効痩せて嬉しいからといって食事の制限を長期化させることは危険。栄養不足は健康にも美容にも悪影響です。

体重だけ減ったとしても慢性的な体調不良を抱えることになっては、せっかく痩せた先の生活を楽しめませんから、リセットダイエットを一週間がんばった後はリバウンドを防ぐ工夫をしながら、栄養バランスを整えていきましょう。

リセットダイエットに関するNG例は、

-食事制限の期間を独断で長期化させてしまう
-食事管理の一週間が明けたとたんにドカ食いしてしまう

これらは、健康や美容への悪影響につながる危険がありますので注意されてくださいね!食事制限後の体はエネルギーを欲しているので、食べたものを脂肪として蓄えようとする働きが強くなっています。米飯などの炭水化物は野菜と主菜をよく噛んで食べてから口に入れる等、太りにくい工夫を活用しながらリバウンドを防ぎましょう。

体幹リセットダイエットとは

痩せたいと思うとき、食べる量やカロリーを減らせば確かに体重は落ちますが、筋肉が不足していると食事制限をやめて元のように食べ始めたとたんにリバウンドしてしまいます。食べた分のエネルギー代謝を良くして脂肪を燃やすには筋肉の働きが必要なため、燃えやすく太りにくい体になりたければ筋肉を鍛えることが大切です。

特に、体幹部分の筋肉にアプローチすることが、代謝良く脂肪が燃えやすい体をつくる上で効果的だということ。ここでは、太らない体になると評判の「体幹リセットダイエット」について見てまいりましょう。

体幹リセットダイエットの方法

体幹リセットダイエットとして紹介されているトレーニングは、どれも5分以内でできる内容です。ここでは一部をピックアップします。

体幹トレーニングのやり方

画像のように、うつぶせの姿勢で頭の後ろに手を組み、上半身を反らせるエクササイズです。大きく反らせる必要はないですので、頭と同時にかかとも上げられる場合は、ヒザが曲がらないようにしながら頭とかかとを一緒に持ち上げて背中を反らせます。腰が痛くなるほど頑張り過ぎないことがポイントです。

他に、椅子に座った状態で行うエクササイズもあります。

肩幅くらいに両足を開いた状態で椅子に座って、背筋を伸ばし、片方のお尻だけ浮かせます。イメージとしては、椅子に小さな物があるのに気付かず座ったとき「あれっ?」とお尻を少し浮かせてみる感じ。

左側のお尻を浮かせたら3秒くらいキープして、今度は右側を3秒…と、左右かわりばんこに行います。猫背の状態にならないように行うのがポイントです。

トレーニングを行う時間帯

体幹リセットダイエットのトレーニングを行う時間帯に関して特に決まりはありませんが、一定の負荷がある運動なので、体のリズムに配慮して運動時間を決めることが大切。

例えば寝る直前の時間帯は、リラックスするストレッチ程度なら良いのですが、それ以上に負荷のかかる運動は神経を興奮させてしまい眠りの質が悪くなる場合があるため、おすすめできません。

他に、避けたほうが良い時間帯として、食後すぐの満腹時や空腹過ぎるときのトレーニングも、体に負担がかかり体調不良の原因になりますから注意が必要。食前に運動を頑張りたい場合は、飲むゼリーなどで軽く栄養補給してから行うと良いでしょう。

体幹リセットダイエットに関する注意点

運動に不慣れな場合、トレーニングを夢中で頑張ると知らず知らずに呼吸が浅くなっている場合が少なくありません。人は瞬間的に力を入れる必要がある場面では、一時的に呼吸を止めて集中しようとする傾向がありますが、負荷がかかるトレーニングの間に息がじゅうぶんできていないと頭痛などの不調を招くケースも。

体幹リセットダイエットを実践するときには、息が苦しくなるほど力んでしまうことは逆効果です。トレーニングしながら話をしようと思えばできるくらいの余裕を保ちながら行ってみてください。

また、短期的な結果を急ぐとストレスを感じがちです。体幹リセットダイエットに取り組むことで得られる報酬はインスタントなものではなく、長期的な体質改善。

運動不足や老化などの影響で筋肉が弱くなると、基礎代謝が低下して体に脂肪が蓄積されやすくなります。体幹の筋肉を鍛えることは長い目で見て太りにくい体づくりに有効ですから、体幹リセットダイエットのトレーニングを始めてから目に見える効果(即効の体重減少など)が見えにくい場合であっても、無理のない範囲での継続をおすすめします。

体幹が着実に鍛えられてくると姿勢も良くなって、太りにくい体質とともに健康状態も毎日の気分も上向きになりますよ。

リセットダイエット?結果を体感しやすい痩せ方と危険なNG例のまとめ

ダイエットで体を「リセット」するアプローチについてチェックしてまいりました。リセットとは、「最初からやり直す」といった意味。健康や美容に良くない食習慣や生活パターンによって、余分な脂肪がついてしまった体を「まっさらにして、つくり直す」ということですから、リセット系のダイエットで痩せることに成功した場合、肝心なのはその先の毎日の過ごし方です。

必要以上に食べたくなってしまうときの主な原因はストレス。仕事や人間関係などで大変な一日を過ごした後には、ご自分をいたわってあげてくださいね。

食や運動の他にも、生活のなかの「太りやすさ」につながる要素をリセットダイエットの機会にぜひ見直して、軽やかになった心身のコンディションをキープしましょう。

-ダイエット

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.