ダイエット

ダイエットは体重だけ見ると失敗する?痩せない人にありがちなミス

投稿日:

痩せたいのに、「なかなか痩せられない!」と悩む人は多いですよね。ダイエットにチャレンジしているのにうまく行かないときは、何が妨げになっているのか見つけることが大切。たとえば体重の増減だけを気にし過ぎると、一時的に体重が減って喜んでも短期でリバウンドしてしまう傾向があります。

せっかく頑張っているのに、間違ったほうへ動いていたら逆効果な場合もありますから、努力の成果が見えないときには、あなたの痩せプランを再点検してみることが有効です。毎日体重チェックをしていても痩せられない!とストレスを感じるときに見直したいポイントについて確認してまいりましょう。

痩せたいのに痩せられない人にありがちなミス

低カロリーにこだわり代謝も低下している

食べる量もカロリーも抑えて、炭水化物も油も糖分も減らして…というように厳しい食事制限をしたら、最初の2㎏くらいは割と簡単に落ちやすいのですが、その後は痩せるために大変がんばっているのに体重の「下げ止まり」に直面する人が多いです。

食べない努力を自分に強いるダイエットでは、栄養不足による危機を察知した体がエネルギーを体に溜め込む準備をします。 つまり、生命の危機につながる「飢え」に備えて、食べたものを脂肪として蓄えておこうと働くわけです。

ダイエットで短期間のうちに体重の5%ほどが落ちたとき、体重の停滞は起きやすくなります。この時期は多少の体重変動に一喜一憂せず、バランス良い栄養と筋肉を鍛えることに集中することがリバウンド予防に効果的です。

辛い努力を続けているのに体重が停滞すると、「なんで??」とイライラしたり、ストレスを感じることもありますが、ここで無理な食事制限を続けても栄養不足で筋肉が減っていきます。筋肉量の低下は基礎代謝を悪くしますから、摂取したカロリーが消費されにくく、少し食べただけでも太りやすい状態です。

また、筋力が不足し代謝が悪くなった体は血流も滞り、冷えやすくなります。「冷えは万病のもと」といわれるように冷えやすい体はさまざまな不調を招きやすいですから、食事は低カロリーにこだわり過ぎるよりも、代謝アップに良い食品選びに注力したほうが健康的に綺麗に痩せるダイエットのために効果的です。

体も心も疲れやすいダイエットになっている

無理な食事制限を続けても、栄養不足や筋力不足のせいで、かえって太りやすい体の状態につながるわけですが、我慢しても我慢しても痩せないとなると、今度は食べたい衝動が大きくなりがちです。

厳しいダイエットの辛い我慢で自分を追い込み、今度はストレスによるドカ食いとリバウンドで自己嫌悪…となると、体も心も疲弊してしまいますよね。

ダイエットは「自分の幸せのため」のはずですから、ダイエットをがんばるプロセスのなかで自分を嫌いになってしまっては幸せから遠くなります。自分で自分を認められないときほど、目に見える評価にすがりたくなるものなので、はっきり確認できる体重の数字に執着してしまう場合も。もし、辛過ぎるダイエットになっていたら、取り組み方を見直すことが必要です。自分を好きでいられるダイエットに仕切り直していきましょう。

「時間がない」が口癖

何か資格を取りたいときには勉強時間の確保が必要なように、痩せたいときにはダイエットに効果的な活動のために時間を確保する意識も大切です。まとまった運動の時間を取るのは難しい場合も、3分の隙間時間を見つけて簡単なストレッチから始めることなら不可能じゃないはず。

食事も、ダイエットに良いものを計画的に考え、調理と食べることに時間をかけるようにすると食事への向き合い方が丁寧になりますから、勢いで食べ過ぎてしまうことが減って行きます。

体重の変化が気になり過ぎるストレスへの対策

ダイエットを頑張っている結果が体重の数字として見えると、成功の証拠みたいで達成感がありますよね。一方で、体重の数字を減らすことが目的のようになると、「早く大きく減らしたい」という思いが強くなって体に無理な負担をかけてしまいがち。

特別な事情(職業上や健康上の必要性など)がないのに体重の増減が過剰に気になってストレスを感じる場合は、いったん気持ちを落ち着けて、体重の数字よりも自分の体と心に向き合ってみることも長期的なダイエット成功のためには大切です。

白か黒かと極端に考える傾向を見直そう

「白か黒か」と極端に考えてしまう傾向が強くなると、体重の増減を重く受け止めて自分を追い詰めるようになります。

たとえば、体重を3㎏減らすダイエットを目指すとき、食事や運動のプランを完璧に実行しなければ!という思いが強いほど、できなかったときの挫折感や自己嫌悪が重たいものになります。強いストレスは体を緊張させて眠りの質が悪くなったり、冷えや代謝の低下などを招いてダイエットに悪影響を及ぼしますから、目標体重も減量のためのプランも自分を過度なストレス状態に陥らせるものなら、見直してみる必要があります。

「白か黒か・ゼロか100か」といった極端思考だと、忙しくて運動の時間が取れない日は「ダメだった…」と落ち込みがちですが、計画通り100%じゃなくても可能な範囲でできることを探して動いてみましょう。何か物を取りに行くタイミングに少し遠回りをする・動作を大きくするなど、運動量を増やす工夫にチャレンジできたら「やったね!」と心で呟いてみてください。

自分を責めてもストレスの悪い影響が大きくなるばかりですが、心が元気になる言葉を自分に投げかけたら、次の前向きな行動のエネルギーになりますよ。

体重の停滞期にモチベーションを上げる言葉

ダイエットの停滞期に思い出したい言葉

映画史に名前を残す俳優で武道家のブルース・リーは、数々の素敵な名言を残しています。

「限界などない。あるのは停滞期だけだ。そこに留まってはいけない。それを超えて行くのだ。(ブルース・リー)」

ダイエットの停滞期に挫折しそうな心に、ぴったりの言葉ではないでしょうか。

h4 ダイエットで心が折れそうなとき思い出したい言葉

「にっこりと笑うだけで私たちは、どれほど大きな善いことができるか(マザー・テレサ)」

笑顔は自分も相手も幸せな気持ちにするので人の和をもたらしますし、健康や美容に関しても、笑うことの良い効果が知られています。

声を出して笑うと呼吸が深くなるので体が温まります。全身の血流が促進され、代謝も良くなりますから、ダイエット中も笑える時間を増やしたいですね。腹筋を使って大笑いすると内臓も動いて活性化するため、免疫力もアップする健康効果にもつながるということです。

「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくいられる。(ウィリアム・ジェームズ) 」

ダイエット中、心が辛くなって笑えない気分のときには、この言葉を思い出してみてはいかがでしょうか。楽しいと思えることが無いから笑えない、と考えるかわりに、笑えることを見つけて笑ってみたら楽しい気分が次の楽しみを連れてくるのですね。

誰かに合わせて無理な作り笑いはストレスになりがちですが、一人でリラックスできる時間に、好きな音楽を聴きながら可愛い動物の赤ちゃんの動画などを見て、ふっと笑顔になれるだけでも筋肉の緊張が緩む効果が期待できます。

ダイエットは体重だけ見ると失敗する?痩せない人にありがちなミスのまとめ

痩せる努力をしているのに、体重が減らない…と、心が辛くなるとき、体重計ばかりに目を向けることはストレスを増大させダイエットに逆効果な場合も少なくありません。

体重の数字を見て自分を責める思いが強くなるときは、体重計よりもダイエットのために「自分ができていること」へ目を向けてみることが、ダイエット成功への近道になるはずです。

-ダイエット

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.