ビビバディNEWS

稼ぎたい女の子のバイト徹底比較キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ・メンズエステ

投稿日:


出費が増えているときなど、女の子は「金欠ぎみだから、夜のバイトでもしようかな」なんて考えることもあるかもしれません。

ナイトワークともいわれる夜の時間帯の女性の仕事は、効率的に高収入が得られるイメージがありますよね。

気になる女の子向けのバイトとして代表的な、キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ・メンズエステ。それぞれの特徴などをチェックしてみましょう。

キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ・メンズエステの比較

キャバクラのバイト

キャバクラでの接客は、お客さんの席にご一緒するもの。キャバ嬢といわれる、キャバクラで働く女性にとって「指名料」が収入を大きく左右するため、収入アップのためにはリピート指名してもらえるようなサービスが求められます。

出勤前にお客さんと待ち合わせの約束をして同伴でお店に入ったり、勤務後に、お客さんと食事などをご一緒する「アフター」をしたり。

お客さんのお誕生日を覚えてメールをするといったこともリピート指名につながるため、成績の良いキャバ嬢は勤務時間以外の営業努力も重ねている場合が多いでしょう。

そういったことも楽しんで続けられる人は、キャバクラでのバイトに向いていますが、「面倒くさい」という場合は指名のシステムがないガールズバーなどのバイトのほうが気楽に続けられるかもしれませんね。キャバクラは、お客さんを接待する飲食店として「風俗営業」に含まれる職種になります。

ガールズバーのバイト

わりと新しいナイトワークとして勢いが増しているガールズバー。キャバクラのように黒服さんが店内に見えることもなく、女性ばかりで運営されているところが特徴でしょう。

働く女性の年齢層は低く、飲食代がリーズナブルな場合がほとんど。「若い女の子と気軽に楽しい時間を過ごしたい」という場合に利用しやすいのがガールズバーです。

ガールズバーは、「接待」はしない営業の形態に分類されます。ですから、お客さんの隣に同席するような接客が求められることはなく、カウンター越しに会話をしたり、飲食物の提供をします。

つまり、お客さんの隣に座る必要はないかわりに、立ち仕事なのですね。長い時間立ちっぱなしのお仕事になりますから、貧血ぎみの女の子は大変かも、という話もありますが、続けたい気持ちが強い人は、徐々に慣れるはずです。

指名料によって収入が変動するキャバクラなどと違って、ガールズバーでは指名のシステムがない場合が多く、働いている女の子たちは一緒に協力してお店を盛り上げているイメージ。

女子のグループで和気あいあいとできる人はガールズバーでのバイトも楽しめるのではないでしょうか。反対に、女子どうしの人間関係に苦手意識がある人は、慣れるまで疲れることもあるかもしれませんね。

一日体験入店ができるお店がほとんどですから、まずはお店や働いている女の子たちの雰囲気を見て、体験してからお仕事を決めると良いでしょう。

ラウンジのバイト

ラウンジは、会員制の場合が多いのが特徴。基本的に、リピートして来店するお客さんが多いため、はしゃぐ人も少なく落ち着いた雰囲気のことが多いでしょう。

ラウンジで働いている女性の年齢層を見ると、ガールズバーやキャバクラと比較して、少し高めの傾向があるかもしれません。ガールズバーを卒業して、ラウンジに移った、という女性も少なくないですね。

女の子のお仕事の内容としては、キャバクラと大きな違いはないでしょう。ただし、服装に関しては、お店にもよりますがキャバクラよりもカジュアルな場合も。

ラウンジは「キャバクラよりも楽に働ける」といわれる場合もありますが、指名のシステムがあれば、それなりの営業努力も必要になります。お仕事を決める前に時給を見て、キャバクラよりも明らかに安く設定されている場合は仕事の内容も軽いはずですが、いずれにしても仕事内容やお店の雰囲気について事前によく確認しておくことが大切です。

メンズエステのバイト

メンズエステは「エステ」であって、飲食店とは違ったお仕事の内容になります。

メンズエステでマッサージセラピストまたはエステティシャンとして働く女性は、アロマオイルを使ってマッサージをするのが仕事。つまり、男性のお客さんの体に触れる必要がありますから、それに抵抗感がある場合、メンズエステで働くことは難しいでしょう。

お仕事を始める時点でマッサージやエステに関する資格は不要な場合がほとんどで、入店してから講習を受けてスキルアップが可能です。

また、お客さんとLINE交換をして来店に繋げたり、お酒を飲まなくていい点が高収入が得られるにもかかわらず、優れている面です。

下記の店舗は立地がとても良く、健全店に分類されるお店なので特におすすめです!

広尾のメンズエステKAKAPO Spa(カカポスパ)〜恵比寿・六本木・渋谷・中目黒からもほど近い高級エリアの一軒家メンズエステ〜

女の子の夜のバイトで気になる悩み

ここでは、実際に夜のバイトで働く女の子に多くみられる悩みについて見ていきましょう。

女子どうしの人間関係は?

女子だらけの職場は、ドロドロした人間関係が大変なのでは?という心配もありますよね。特に指名のシステムがあるキャバクラなどでは、派閥とか足の引っ張り合いみたいなことがあるの?と。

もし、お店でナンバーワンを目指す!というくらいの高い目標を持ってお仕事をする場合には、ライバルの女の子との多少ぎすぎすした競争も、通る道かもしれません。

でも、週に何回かのバイトとして働く女の子なら、同じような立場の子どうし、和やかにお仕事できる場合が多いはず。バイトで入るなら、レギュラーの先輩を立てたり上手に褒めたりする態度を心がけるようにすると、トラブルは避けられるのではないでしょうか。

しつこく誘ってくるお客さんは?

連絡先を教えて!としつこく迫られて、同伴やアフター以外の、店の外でのデートを求められるケースも、確かに少なくありません。

そういう男性客は、店以外で会うほうが出費も少なく済む、要するに「安く遊べる女の子を探したい」といった思考の場合が多いですから、良いお客さんではありません。

お店のルールを無視して自分の要求を押し付けてくるお客さんは、気まぐれに指名もころころ変える傾向がありますから、そういうお客さんから指名をもらうために無理な要求に応じるのはNG。軽いノリでその場をおさめて帰ってもらったほうが賢いでしょう。

お店で着る衣装代は?

お店のシステムによっても変わります。事前に確認しないまま、お店の衣装を使っていたら知らない間にお給料から衣装代が引かれていた、なんていうケースもありますから、お店で利用できる衣装やヘアセットに関してバイトの女の子の負担がどのようになっているのか、事前に確認が必要ですね。

出勤の回数が多いなら、新しく服を買うときには、私服としてもお仕事用としても使えるものを選ぶのが良い方法かもしれません。

下記のメンズエステ店は女の子に似合うルームウェアなどの衣装をお店の負担で用意してくれるようです。

広尾のメンズエステKAKAPO Spa(カカポスパ)〜恵比寿・六本木・渋谷・中目黒からもほど近い高級エリアの一軒家メンズエステ〜

女の子の夜のバイト比較・おわりに

今回は、キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ・メンズエステといった、女の子の夜のバイトについて、それぞれの特徴を見ながら比較しました。

夜の時間帯のバイトを考えている場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ナイトワークといわれる女の子のお仕事は、短期間でも高収入が狙えるイメージかもしれません。確かに昼間のバイトに比べて夜のお仕事は時給が高い傾向がありますが、仕事の内容について把握してから始めなければ続けられませんから、結局収入になりません。

お仕事で何が求められているのか、きちんと把握してうまく役をこなす女の子が、どんどん収入を増やしていますよ。

キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ・メンズエステといった、それぞれのお店によって、働く女の子の年齢層の違いや、接客の仕方、指名システムがあるか無いかによっても、求められる仕事の内容は変わります。どちらかというと体力勝負になるところもあれば、頭脳戦がメインになることも。

ですから、面接に行く前にしておくと良いことは、自分にできることと、無理だと思うことをはっきりさせておくことがおすすめ。無理しすぎず希望の収入になるバイト先が見つかると良いですね!

-ビビバディNEWS

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.