飲む日焼け止め

日焼け止めの塗り直しが面倒!そんなあなたにオススメの飲む日焼け止め!シミ対策にもなるは本当?

投稿日:

これからの時期日焼け止めは欠かせないアイテムになりますが、一番主流なのはやはり塗るタイプの日焼け止めです。

塗るタイプにもクリーム、ミルク、ジェルやSPFも弱いものから強いものまで様々ありますよね。

しかし、塗るタイプの日焼け止めにもメリットやデメリットがあるかと思います。

最近では、スプレータイプのものや、飲む日焼け止めというものまで出ています。

もう塗るタイプの日焼け止めの面倒からは解放されてみてはどうでしょうか。

塗るタイプの日焼け止め メリット&デメリット

メリット

  • 肌に直接塗るので、安心感がある
  • コンビニやドラッグストアなど、どこでも手に入る
  • 種類が豊富で選びやすい
  • 安い

デメリット

  • 日中何度も塗り直さなければいけない
  • ムラにならないように丁寧に塗らなければいけない
  • 肌荒れの心配がある
  • 化粧の上から使えない
  • 服を着ていても、服の下まで塗らなければ意味がない

安価でどこでも手に入りやすい塗るタイプの日焼け止めですが、意外とデメリットもたくさんありますよね。

塗る日焼け止めの成分

紫外線にはA波B波というものがあり、A波は肌が黒くなる状態に、B波は皮膚が赤くヒリヒリするような火傷状態になる特徴があります。

日焼け止めの表示では、A波を防ぐ効果をPAで表し、B波への効果をSPFで表しています。

紫外線吸収剤

皮膚の表面で紫外線を吸収、化学反応によって熱エネルギーに変えて放出するというものです。

紫外線防御の効果がとても強いのですが、肌への負担が強く肌が弱い方は避けた方が良い成分です。

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン:A波を吸収
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル:B波を吸収
  • オキシベンゾン-3:A波、B波どちらも吸収

この3つの成分が紫外線吸収剤として使われていることが多いです。

日本では一般的な成分ですが、アメリカやドイツではラットの研究において、発がん性や成長ホルモンの阻害などの結果がでており、使用が禁止されています。

SPAが高い商品にはほとんどこの紫外線吸収剤が使われていますが、紫外線に当たると化学反応を起こし成分が変わってしまう為、効果の持続性は短いです。なので、何度も塗り直しが必要なんですね。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

肌表面で紫外線を反射し、肌の紫外線吸収を防ぐというもので、A波B波どちらにも効果があります。

紫外線吸収剤と違い化学物質ではないので、肌への負担も少ないとされています。

酸化チタンや酸化亜鉛が主に使用されていますが、人によっては刺激を感じてしまう場合もあり、一概に肌に優しいとは言えない部分もあるようです。

紫外線吸収剤と比べ、効果の持続性はありますが、紫外線を防ぐ効果は弱いです。

肌に優しいのをとるか、日焼けしない方をとるのか、難しい選択ですね。。

こんな悩みをお持ちの方は飲む日焼け止めがおすすめ

  • 日焼け止めで肌荒れをしてしまう
  • 絶対に焼きたくないから高SPAの商品を使っているけど、肌への負担が心配
  • 2,3時間おきに塗り直すのが面倒
  • 塗り忘れやムラができていて、うっかり日焼けをしてしまう
  • 海やスポーツで汗を流すので、効果が持続されているか心配

飲む日焼け止め メリット&デメリット

メリット

  • 肌に塗るものではないので、肌荒れの心配はない。むしろ美容成分配合のものもあり、美肌効果も期待できる。
  • 外出前に飲めば基本的に飲みなおす必要はない。
  • もしうっかり焼けてしまってもアフターケアにも使える。
  • 身体の内側から働きかけてくれるので、汗や水で流れてしまう心配もない。

デメリット

  • 薬の飲み合わせやアレルギーのある方は注意が必要
  • 塗る日焼け止めに比べると値段が高い
  • 商品の種類がまだ少ない

飲み合わせやアレルギーが心配な方は必ずお医者さんなどに相談してから飲んでください。

塗る日焼け止めに比べて商品の種類が少ないので、金額も塗る日焼け止めよりは高いものが多いです。

しかし、塗る日焼け止めも本来の日焼け予防効果を期待するのであれば、量も塗る回数もたくさん必要になるので、1本で何ヵ月も持たないはずです。

日焼け予防の効果とコスパの良さは飲む日焼け止めの方が良さそうですね。

飲む日焼け止めの仕組み

体内に摂取したのに皮膚にどう効果があるの?と疑問に思う方もいると思います。

飲む日焼け止めは皮膚表面の紫外線への対策ではなく、皮膚に入り込んでしまった紫外線によるダメージを防ぐというものです。

紫外線が皮膚に入ってくると、「メラノサイト」という層に届きそこからシミの原因でもある「メラニン」が生成されます。

メラニンは紫外線をこれ以上体内に入れ込まないように防御する作用がありますが、それでも防ぎきれなかった紫外線は真皮層へ到達し、ハリやキメを整えている線維細胞やコラーゲンを破壊してしまうのです。

飲む日焼け止めは繊維細胞やコラーゲンが受けるダメージを軽減し、メラニンの発生も抑えてくれるという仕組みです。

飲む日焼け止めの成分

フェーンブロック

フェーンブロックは、中央アメリカ(ホンジュラス)原産のシダ植物から抽出されるPLエキスを主原料にIFCグループとハーバード・メディカルスクールが15年かけて開発した特許成分です。

抗酸化作用、免疫防御作用、DNA保護作用、皮膚構造の維持などの効果があり、線維細胞やコラーゲンのダメージを防ぎます。

ニュートロックスサン

ローズマリーとシトラスから抽出された天然由来のポリフェノールからできています。

スペインのミギュエル大学、ニコル博士とモンテローザ社の共同開発により10年以上の研究を重ねて開発されたものです。

スペイン産のシトラスは強い紫外線から実を守るため、特に紫外線防御機能や抗酸化作用が高いとされています。

また、ローズマリーも抗酸化作用が高く、乾燥や強い紫外線下の環境でも、強く生きる生命力も持っており、アンチエイジングの効果も期待できるのです。

紫外線によるダメージからの保護だけでなく、肌状態の改善や炎症の抑制効果もあり、

日焼けによって赤く炎症を起こしてしまった場合のアフターフォローにも効果的です。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違い

塗る日焼け止め飲む日焼け止め
日焼け止めの仕組み肌表面で紫外線をブロック体内の細胞を紫外線から保護
持続時間2,3時間おきに塗り直しが必要商品によって違いがある
5時間ほどのものから24時間効果があるものも
身体への負担化学成分配合のものもあり、肌荒れの危険もある原材料のアレルギーや薬の飲み合わせに問題がなければ副作用はない
コスパ価格は安いが、たっぷり塗らないと効果が期待できない、塗り直しも必要なので、減りが早い基本的に飲みなおす必要はなく、コスパもいい

飲む日焼け止めの効果的な飲み方

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いが分かったところで、

日焼け対策、ひいては将来のシミ対策に、どのように使うのが有効なのでしょうか。

日光に当たる30分前に飲む

効果が表れるまで30分ほど時間がかかります。外出する30分前を目安に摂取するのが基本です。

長時間日光に当たる場合は4~6時間後に追加で飲む

基本的に飲む日焼け止めは持続性も高く、塗るタイプのように頻繁に塗り直すといった手間はかかりませんが、海など紫外線の強い場所に長時間いる場合は、飲み直した方が効果的です。

毎日飲むとさらに効果的

飲む日焼け止めは細胞のダメージを防ぐ働きがあるため、毎日飲むことで、紫外線を浴びたときの細胞へのダメージも減らすことができるのです。

それに、飲むことが習慣付いていれば、うっかり日焼けをすることも防げますね。

塗る日焼け止めとの併用

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めはそもそもの働きが違います。より効果的に紫外線対策をしたい場合は、併用がおすすめです。

シミ対策には飲む日焼け止め

紫外線を浴びることで、シミの原因であるメラニンが生成されてしまいます。

塗る日焼け止めは紫外線が入ってくるのを防ぎますが、紫外線が防ぎきれなかった場合メラニンの生成は通常通りされてしまいます。

しかし、塗る日焼け止めは体内から働きかけてメラニンの生成そのものを抑制してくれるので、確実にメラニン量を減らすことができ、シミ対策としてもとても優秀なのです。

まとめ

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのメリットデメリットを比べてみましたが、いかがでしょうか。

絶対に焼けたくないけど、毎日の紫外線対策は面倒でなかなか続かないという方。

今年こそは焼かないぞと高SPAの日焼け止めを試す前に、飲む日焼け止めをぜひ試してみてください!

-飲む日焼け止め

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.