ワキガ・汗のにおい

わきが体質を改善するには食事から!体臭対策に効く食べ物は?

更新日:

自分の体の臭い、特にワキの臭い(わきが)が気になってしまうと辛いですよね!

ワキの汗には、アンモニアや脂肪、たんぱく質など臭いのもとになる成分が含まれます。脇の下の汗を放置し、そこに菌が増えると嫌な臭いが強くなってしまうのですね。

対策として、汗をかいたらこまめにふき取ることも有効ですが、臭いの強さに悩むときには、食事の内容を見直してみることも大切です。

ここでは、脇の臭い(わきが)が気がかりで体質を改善したいときに、体臭対策として効果的な食べ物について確認していきましょう。

脇の臭い(わきが)が気になる体質を食事で改善

 

わきがの嫌な臭いは、アポクリン汗腺から分泌されるタンパク質や脂質、そしてアンモニアなどの「臭いやすい」成分を含む汗から引き起こされます。

タンパク質や脂質を放置したときの悪臭は、魚を常温に置いておくと強烈に臭ってくることを思い出すとわかりやすいですね。

汗が皮膚で雑菌と混ざることによって嫌な臭いは強くなってきますから、肌に汗がついたままにしないで殺菌作用がある拭き取りシートなどで清潔を保つのも良い方法ですが、体臭の悩み解消のためには体の内側からの対策も考えたいところ。

体から出てくる汗の状態によっても体臭の程度は変わり、不快な臭いのもとが体内にあるほど、汗じたいが臭くなるわけですね。

臭いのもとを体内に長くとどめないためには老廃物の排出をスムーズにする食事を意識することが効果的です。ここでは、脇の臭いが気になってしまう体質改善を助けてくれる食べ物をご紹介します。

グレープフルーツなどの柑橘類

グレープフルーツなどの柑橘類は、不快な臭いのもとになるタンパク質や脂肪の酸化を防ぐとともに、体内にとどまる老廃物の排出を促す作用が強いため、体臭対策に有効な食べ物だといわれています。

また、ビタミンCやクエン酸が豊富な柑橘系のフルーツは爽やかな酸味で疲労回復効果もありますから、疲れやストレスによって出る嫌な汗と臭いの予防にも役立ってくれます。

緑色の野菜

体の嫌な臭いは、血液の中のコレステロールが酸化する影響で引き起こされますから、酸化に対抗する抗酸化作用の強い食品が助けになってくれます。

ビタミンCやビタミンEなどの栄養が豊富なホウレン草やピーマン、大根の葉や春菊など緑色の野菜は体の酸化を防ぎ、体臭とともに老化の予防にも役立ちます。

食物繊維も多い野菜は快調なお通じにも有効。臭いのもとになる老廃物を溜めず速やかに体外へ出すために、野菜不足には気をつけましょう。

お茶

息が、すっきり爽やかに香る効果がセールスポイントのガムなどを見ると、原材料にポリフェノールが記されています。ポリフェノールは苦みや渋みのあるお茶に多く含まれる成分です。

体臭は、食べたものの脂肪分などが体内で酸化して不快な臭いのもとになるわけですが、ポリフェノールは強い抗酸化作用で消臭の効果を発揮してくれるのですね。

体臭対策のために緑茶を飲む場合は、一番茶を淹れた後の二~三番目のお茶のほうが臭いのもとに対抗するポリフェノールが多く出やすいため有効だということです。

パセリなどのハーブ

パセリには消臭や殺菌の作用があり、体臭対策に有効なことが知られています。

また、独特の強い香りを持つパセリやミントなどのハーブ類は強い抗酸化作用を持ち、酸化が引き起こす不快な臭いを防ぎます。

嫌な臭い菌に対する抗菌効果が高いハーブとして、ローズマリーやオレガノなどが挙げられます。

トマト

食物繊維やカリウムなど、体内の老廃物の排出に有効な栄養分を含むトマトは、便秘対策に有益な食べ物として知られています。

また、トマトのリコピンは高い抗酸化作用がありますから、酸化で引き起こされる体の嫌な臭いの予防に効果的なのですね。

トマトジュースも有効ですが、塩分や糖分が足されていないもの(無調整のトマトジュース)を選ぶと良いでしょう。

プルーン

鉄分、食物繊維などの栄養が豊富で、貧血予防や便秘対策としても人気のプルーンですが、体臭対策に有効なビタミンCやビタミンE、亜鉛も含んでいるため、わきがなどに悩む人へ勧められる食品の一つです。

発酵食品

味噌や納豆、キムチといった発酵食品は、腸内環境を整えてくれます。

お通じが快調な体のコンディションは嫌な臭いを放つ老廃物を体に溜めずに済むため、わきがなどの体臭対策と良好な腸内環境をキープすることは深く関連しています。

腸内環境の改善やお通じ対策といえば、ヨーグルトも人気の発酵食品ですが、わきがなどの体臭を解消するために取り入れるなら植物性のものがおすすめ。

動物性の脂肪を含むものを多く食べると、臭いのもとを増やすことにつながります。

また、植物性の発酵食品のなかでも、添加物が多く含まれるものは老廃物の蓄積を助長して逆効果になりますから、選ぶときには原材料を確認するようにしましょう。

納豆で体臭とお通じ改善

納豆は臭いが強い食品ですが、体臭の原因にはならず、むしろ臭い対策にも有効だということ。

食物繊維が豊富で整腸作用にも優れている納豆はお通じを促し、不快な臭いを放つもとをスムーズに体外へ排出する助けになります。

夜の7時くらいに納豆1パックを食べておくと、翌朝の快調なお通じを導きやすいです。

また、納豆とキムチを一緒に食べたり、オリーブオイルを混ぜて食べると更にスムーズなお通じを実感しやすいようです。

体臭が気になるとき控えたい食べ物

お肉の食べ過ぎはNG

動物性のたんぱく質や脂質は、体の臭いを強くする原因になります。

お肉は消化に時間がかかり、体内で嫌な臭いを発し始めますから、普段からお肉を食べる量が多く、野菜不足や運動不足で便秘ぎみ…なんていう場合は要注意。

不快な臭いのもとが体内に長く残留し、わきがや体臭がひどくなる可能性があります。

インスタント食品は控えめに

インスタント食品や加工食品は、人工的な添加物を多く含んでいます。体にとって不自然なものは、体内での処理に大きな負担がかかりますから、そこに労力を取られると消化や排せつのための働きが低下してしまうのですね。

嫌な臭いのもとになる古い老廃物がスムーズに排出されず体内に長く居座るため、不快な臭いを発するようになります。

ブロッコリーは控えめに

ブロッコリーなど硫黄が含まれている野菜を多く食べると、硫黄臭さが体臭に影響するといわれます。ブロッコリーは栄養価が高く、便秘やむくみへの効果が期待されますから上手に取り入れたい野菜ではありますが、体の臭いが気になるときには控えめに食べたほうが良いようです。

食卓に並ぶことの多いキャベツも、ブロッコリーの仲間。臭い対策のためには、いっぺんに食べ過ぎないよう注意したいものです。

スパイシーな食べ物は控えめに

ニンニクやタマネギなど強い香りをもつ食品を食べた後は息の臭いが気になりますが、その強い臭いのもとは体内にとどまって、毛穴からも出るようです。

また、ニンニクは硫黄も含むため独特の硫黄臭さが残りがち。食後に緑茶を飲むと、臭いが緩和される効き目があります。

わきが体質を改善するには食事から!体臭対策に効く食べ物は?のまとめ

わきがなどの体臭対策として、臭いのもとになる老廃物を体内に溜めない体づくりが大切。そのためには、食事の内容を見直すことが効果的だとわかりました。臭いの強さが気になるときには、水やお茶などの水分補給も心掛けながら新鮮な野菜と果物をじゅうぶんに食べて、体のスムーズな流れを促しましょう。

また、ストレスや疲労が嫌な体臭を悪化させる原因になる場合もあります。自分の体の臭いが気になってしまうときには、お風呂でゆったり良い香りの湯に入りながら、ハーブティーなど飲みつつリラックスする時間もつくってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、体臭が心地良いと感じる異性をパートナーに選ぶと、幸せ度が高まるそうですよ。

-ワキガ・汗のにおい

Copyright© ビビバディ , 2019 All Rights Reserved.