食事・レシピ

豆腐ダイエットレシピは美味しくなくちゃ意味が無い!ビビバディ流お手軽レシピ

更新日:

ビビバディオリジナルお手軽・簡単ダイエットレシピはもち麦ささみに続き豆腐のご紹介です。日本の健康食品の一つである豆腐は、なぜ美容・ダイエットに良いのでしょうか?強靭な肉体を持つ多くのアスリート達も豆腐メニューを日々の食生活に取り入れている様です。そんな彼らを魅了する豆腐の美味しいお手軽簡単レシピの紹介です!

ビビバディダイエット豆腐レシピ!とろ〜りチーズで食べ応えあり!ふんわり豆腐のチーズグラタン

材料※2人分

  • 絹ごし豆腐 —– 1丁
  • エリンギ —– 1本
  • しめじ —– 半パック
  • ブロッコリー 1/2株
  • 味噌 —– 大さじ1半
  • とろけるチーズ —– 適量
  • 塩・こしょう —– 適量

作り方

  • エリンギは、1〜2cmほどの大きさに切る。しめじは、石づき部分を切り手でほぐる。ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。
  • ブロッコリーは、下ゆでをし、エリンギとしめじは、軽く湯どうしする。
  • キッチンペーパーで豆腐を軽く巻き、重しをのせ水切りをする。
  • ボールに水切りをした豆腐を手でほぐしながら入れ、②を軽く合えながら塩・こしょうをする。
  • 耐熱皿に④をいれ、味噌を上部表面に軽く塗りつける。
  • とろけるチーズを表面に振りかけ、トースターで約15分間、焦げ目がつくくらいまで焼く。

レシピについてコメント

野菜と混ぜ合わせてトースターで焼くだけの簡単グラタン。味噌とチーズの味が、豆腐に絡み合い、味気のない豆腐が苦手という方も美味しくいただけると思います。

日本の健康食品の代表格!豆腐をご紹介!

豆腐は、アジアの広範囲で古くから食されている大豆を加工した食品です。日本の豆腐は、白くなめらかで柔らかい食感が特徴です。日本の食卓には欠かせないこの食品は、なぜ美容・ダイエットに良いのでしょうか?その謎に迫りましょう。

豆腐について

豆腐は、奈良時代に中国から遣唐使の僧侶によって伝えられたとされており、精進料理の一品として寺院の僧侶達に食されていました。江戸時代からは、本格的に庶民の食べ物として一般の家庭でも食べられるようになったそうです。この様に豆腐は、私達、日本人にとっては、昔から愛されているソウルフードであり、私達の食文化には切っても切り離せられない食品の一つである事がわかります。

豆腐の栄養素

豆腐(絹ごし)100gあたり

エネルギー55kcl
タンパク質4.9g
脂質3g
炭水化物2g

出典:ウィキペディア引用

良質なタンパク質

豆腐のタンパク質はとても良質とされています。豆腐1丁(300g)のタンパク質(20.4g)を他の食品で摂取しようとすると

・豚肉・・・・1枚(124g)

・鶏肉・・・・1/2枚(118g)

・卵・・・・3.5個(165g)

上記の分量を摂取しないと同量の摂取量にはならないそうです。特に豆腐の原料である大豆は、動物性のタンパク質に近い構成である事から、豆腐のタンパク質と脂質は、良質とされており「畑の肉」と呼ばれています。肉類は、タンパク質を多く含み栄養価が高いとされていますが、コレステロールの原因になりやすく、取りすぎに注意が必要です。それに対して、豆腐のタンパク質は、それらを下げる作用があるとして「機能性食品」として注目されています。

機能性食品

「機能性食品」とは、体を調節し、健康を維持増進させる食品のことであり、現在、多くの研究と結果が報告されています。その中でも美容・ダイエットで注目したいのが、豆腐に多く含まれる「イソフラボノイド」と「オリゴ糖」です。

イソフラボノイドとは?

世界でも注目されている物質のイソフラボノイドは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされています。更年期になると減少していく女性ホルモンのエストロゲンは、病気の元とされる活性酸素を除去する効果と女性らしい体を作る効果があります。病気や老化の原因になる活性酸素をイソフラボノイドの抗酸化作用によって除去する事によって肌の老化を防ぎ、ターンオーバーを正常化する事によって肌のハリツヤをキープする事ができます。また、女性ホルモンと似た様な働きをする事から、ダイエットでも女性らしい丸みのある美しいボディラインをキープしながらダイエットする事が可能になります。

オリゴ糖とは?

大豆の糖質を構成するオリゴ糖は、豆腐自体が持つほんのりとした「甘み」です。腸内の環境を良い環境に保つためには、善玉菌とされるビフィズス菌を優勢に保つこととされています。オリゴ糖は、そのビフィズス菌のエサ(栄養源)となるもので、豆腐を食べる事で、必然的にビフィズス菌が増え、腸内環境を良くする事が出来るのです。この様に腸内環境を良くする事で、便秘解消と腸からの栄養吸収を改善する事から美容・ダイエットに良いとされています。

 

この様に日本人の食文化に馴染み深い豆腐は、美容・ダイエットにとって、とても友好的且つ最適な食品である事がわかりました。それでは、豆腐だけだと味気がなくて美味しくない….と思っている方のために、ダイエット中でも満足出来る豆腐レシピをご紹介します。

まとめ

さて、いかがでしたか?今回は、3つの美容・ダイエットに良い食材(食品)をご紹介させていただきました。それぞれの特徴や栄養素を理解する事で、より良い物を、体が喜ぶ物を賢く食べていこうと思ったのではないでしょうか?

私達の体は、食べた物で作られています。ツヤツヤで健康的なお肌や健康的な体を作るのも何を食べるか?で決まります。ただ、体重を落とすだけのダイエットでは、すぐにリバウンドをしてしまいます。これを機会にいつでもご自身が満足できる様にもっとも美しく、健康的でいられるダイエットを意識してみてはいかがでしょうか?

私達は、それぞれ性格が異なる様に、体の状態もそれぞれ異なります。ご自身にとって、今何が一番良いのか?体は何を欲しているのか?ご自身の体と対話をしながら、楽しくダイエットに取り組んでみてくださいね。

☆スイーツを食べるだけの簡単ダイエットTOKYOスイーツダイエットの口コミも要チェック☆

☆モチベーション高めるなら、クロスフィットトレーナーAYAの言葉を見てましょう!☆

ヒップアップ筋トレで、あなたのファッションが変わります!自信に満ちた毎日を☆

炭水化物抜きのダイエットレシピ!まずは一週間、夜だけ!

太らない食べ方総特集!ダイエットに適した食べ方術 & レシピ!

☆ダイエット中の野菜不足を解消!黒糖抹茶青汁寒天ジュレの口コミ

☆ダイエットの定番!ささみのスープでダイエット

この記事を監修した専門家は

元RIZAP専属ダイエット専門管理栄養士 坂本トーコ

 

「キレイに健康的なボディメイクを」をモットーに、RIZAPの専属栄養士として幅広い年齢・体型の方への栄養指導の経験がある。

管理栄養士として、美容と健康を両立した正しい方法を多くの読者に伝えられるように、美容ライターとしても活躍中。

保有資格:管理栄養士、ダイエットアドバイザー、フードスペシャリスト、ジュニアアスリートフードマイスター

-食事・レシピ
-,

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.