ホワイトニング

ホワイトニングのオススメの方法!現役歯科助手が勧める歯医者と自宅の併用方法!

投稿日:

みなさんはホワイトニングと聞くと何を思い浮かべますか?

笑顔、高そう、芸能人、野球選手、セレブ。歯そのものだけでなく、歯が白い人の職業や立場なども自然とイメージしてしまいますよね。確かに白い歯というのは相手に好印象を与えやすく、海外になるとより歯から受け取る印象が強くなると言われています。

ホワイトニングをはじめ、矯正など見た目を重視する"審美歯科"という分野が人気の昨今。

芸能活動やメディアに取り上げられるお仕事をしていない方でも、「ホワイトニングをしたい!歯を白くしたい!」という方は多いと思います。

では、ホワイトニングをして真珠のような美しい歯を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

ホワイトニングは歯医者?それとも自宅?

まず、ホワイトニングはどこで行えるかご存知ですか?

ホワイトニングができるという広告はネットや電車の中、生活している中で数多く見かけるかと思います。

広告を見ると一見、脱毛のように美容サロンで行えそうですが、ホワイトニングはれっきとした医療行為のため、歯科医と歯科衛生士の管理下でホワイトニングを行うことが法律上決められています。

あとは歯科医院でのホワイトニング、薬剤を購入して自宅でホワイトニングをするという方法があります。

歯医者でのホワイトニング

こ歯科医院を受診する通院型のホワイトニングを「オフィスホワイトニング」と呼びます。

方法としては、歯の表面にホワイトニング用の薬剤を塗り、歯を白くします。薬剤によっては、光を当てることによって薬剤を活性化し、それにより歯が白くなるというものもあります。

やり方としてはどこの病院も基本的には同じですが、薬剤の種類や効果、歯科医院の料金設定がどうかにもよって値段が大きく異なります。

歯医者でのホワイトニングのメリットとデメリット

専門家への質問がしやすく、短期間で効果が出ることがメリットの「オフィスホワイトニング」ですが、短期間で効果が出る分色が戻りやすいというデメリットがあります。

もちろん定期的にホワイトニングで受診すれば一番良いのですが、歯が白くなったからもう満足したというように受診を止めてしまうと、せっかく白くなった歯も元通りになってしまうということです。

自宅でのホワイトニング!セルフホワイトニング!

反対に、自宅で行うホワイトニングを「ホームホワイトニング」と呼びます。
このホワイトニングはすべて自宅でできるというわけではなく、まず歯科医院で自分の歯型をとってマウスピースを作り、そのマウスピースに薬剤を入れてはめることでホワイトニングが出来るという方法です。

ホームホワイトニングの薬剤は歯科医院から処方されることもありますが、最近ではネット通販や薬局などでもホワイトニング剤が買えるため、そういった商品を使ってホワイトニングすることもできます。

自宅でのセルフホワイトニングのメリットとデメリット

「ホームホワイトニング」は効果が表れるまで時間がかかるため1ヶ月ほど継続して使用する必要がありますが、その分色が戻りにくいため、時間がかかってもしっかりホワイトニングをしたい!という方にはオススメのホワイトニング方法です。

「自宅で出来るならそっちの方が簡単」と、歯科医院を受診せずに我流でホワイトニングをしようと考える方も稀にいます。

歯科医院を受診する分のお金が浮いてお得だと思われがちなこの方法ですが、我流ならではの大きな落とし穴があるのです。

セルフホワイトニングの落とし穴

その"落とし穴"とは、ホワイトニングに向いていない方もいるということです。

神経が死んでいることで歯が黒ずんでいる方や、妊娠・授乳期の方、虫歯が多数ある方などで、専門的な知識がないばかりに効果が出ないままホワイトニング代を無駄にしてしまったり、ホワイトニング剤には歯を白くするだけの刺激があるため、知覚過敏を起こしたりする場合があります。

まずはこの落とし穴にはまらないためにも歯科医院を受診し、必要であればホワイトニングの前に治療を行うなど必要な処置を経て、美しい白い歯を目指す方が何倍も効率的で確実です。

歯医者と自宅、それぞれでホワイトニング?

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」のそれぞれの利点欠点を補い合いつつ確かな効果を出すため、併用してホワイトニングをするという方法もあります。

このやり方を「ダブルホワイトニング」もしくは「デュアルホワイトニング」と呼び、効率的かつ長期に渡って歯を白くすることができるということで知られています。

結論、ホワイトニングのオススメの方法は?

歯医者→セルフホワイトニングがオススメ!

歯科医院で受診し、いつでもホワイトニングについての質問をしやすい環境を自分で作ってしまえば、万が一ホワイトニングを行って歯がしみるようになったり、色がどうしても白くならないと悩んだ時にすぐ対処方法が見つかります。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉とは?

こういった商品も広告でよく目にしますが、これはどのホワイトニングに当てはまるのでしょうか?

答えは、研磨剤で着色汚れを削り落とすだけなのでどのホワイトニングにも当てはまらない。が正しいです。

ホワイトニングは先程もご説明したように、れっきとして医療行為であり、ホワイトニング剤を歯磨き粉に入れることは薬事法違反となってしまうのです。

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット

また、こういった研磨剤の入った歯磨き粉は、歯を白くしようと激しく磨いてしまうことでエナメル質が削れ、知覚過敏になったり虫歯に繋がったり、象牙質が露出することで更に歯が黄色に見えてしまうというデメリットがあります。

もし歯を白く保ちたいというのであれば、ホワイトニングはダブルホワイトニングを歯科医院を受診して行い、普段のケアを研磨剤の入っていないハイドロキシアパタイト入りの歯磨き粉で行うのがオススメです。

このハイドロキシアパタイトという成分は、元々歯の表面に存在する成分であり、フッ素よりも歯にくっ付きやすいため時間を置く必要がありません。

それだけでなく、歯の表面にあるミクロの傷を修復し滑らかにしてくれることで虫歯菌をはじめ歯石や着色まで付きにくくしてくれる効果があります。

もちろん虫歯予防にもとても効果的なため、ホワイトニングをしていなくとも使用することをオススメできます。

ホワイトニングしようかな?歯の黄ばみの原因は?

また、「歯の黄ばみが気になる」というホワイトニングを考えるきっかけの悩みですが、その黄ばみの原因は、

  • 加齢
  • 元々の色
  • 歯石が付いている
  • 食べ物や飲み物による着色
  • 虫歯

の原因が考えられます。

元々の色

だ歯の表面にあるエナメル質は白くても、その一層奥にある象牙質が生まれつき黄色っぽい人もいるため、その象牙質の色が透けて見えるだけという場合もあります。

食べ物・飲み物

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなどの色が濃いものです。

その他

タバコも着色や黄ばみの大きな原因であり、歯周病の悪化を引き起こすリスクが跳ね上がるため、歯を白くしたいというきっかけで禁煙するというのも、白い歯がまぶしい素敵な笑顔に近づけるコツです。

このように黄ばみと一言で言っても、原因は様々な物が考えられます。それらの原因を特定し、きちんとした処置を行うというためにも、ホワイトニングをしたいと考えたらまず歯科医院を受診して相談するのが一番です。

みなさんも少しの出費を惜しんで我流に走ったりせず、正しい方法で効率的かつ効果的に、美しい白い歯を手に入れましょう。

 

-ホワイトニング

Copyright© ビビバディ , 2020 All Rights Reserved.